住宅価格の上昇と出生率の低下には関連があるのか?

先進国における出生率の低下は将来の経済停滞を招きかねず、各国政府にとって大きな問題となっています。2017年のアメリカは過去30年間で最も出生率が低い年になっており、「リーマンショックから経済は回復したのに、なぜ出生率が上がらないのか?」という疑問もわき上がっています。そんな中、「住宅価格の上昇と出生率の低下に関連がある」とする分析が発表されました。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL