人がお酒を飲むと攻撃的になってしまう理由がMRIのスキャンで判明

長期間大量のアルコールを摂取すると、大脳が萎縮して人格や行動に影響を与えてしまうことが確認されていますが、たとえ一時的なアルコール摂取であっても、暴力的になったり攻撃になったりする人がいます。それに対し研究者たちは、「アルコールによって感情の抑制が難しくなるからだ」等の理論を考えてきましたが、「なぜ人はお酒を飲むと暴力的になってしまうのか?」についての臨床的な実験結果が発表されました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL