二酸化炭素を上空にまき散らさない「電動航空機」の開発が進む

多くの人を乗せて高速で移動することを可能にする航空機は現代の生活に欠かせないものとなっていますが、一方では飛行機が多くの燃料を燃やして二酸化炭素を排出しながら飛ぶことに何らかの対策がとられるべきだという考え方も存在しています。そんな中、従来のように化石燃料を燃やして飛ぶのではなく、バッテリーに蓄えられた電気でモーターを回して推力を得る電気航空機の開発が活発になってきています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL