中国当局が中国版LINE「WeChat」のメッセージを監視できることを認める、開発元は否定

中国当局はインスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」を使ったメッセージの会話履歴を調査して、党の決定に疑問を呈した63人の党員を処罰したと発表しました。当局が調査したメッセージは、既にスマートフォンから削除されたものも含まれているとのことで、中国当局はWeChatの会話データを監視している可能性が指摘されています。しかし、アプリの開発元であるテンセントは「メッセージを読み取れるわけがない」として、中国当局の発表を否定しています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL