中国では放置されるシェア自転車が社会問題になっている

中国で自転車シェアリングサービスが登場以降、一定の需要があったこともあり、参入する企業が殺到しました。ここまでの急成長を予想できていなかった中国政府は対応が遅れてしまったこともあり、あっという間に顧客の需要を上回る供給過多に陥ってしまい、多くの企業が破綻。また、顧客のマナーも良くなかったようで、シェア自転車の盗難や不法投棄が相次ぎました。この結果、中国の都市部には企業の破綻により使用されなくなったシェア自転車と不法投棄されたシェア自転車があふれかえる事態に発展し、社会問題となっています。海外メディアのThe Atlanticは中国で社会問題となっているシェア自転車の現状を公開しています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL