世界最大手のライブプロモーター「Live Nation」に独占禁止法違反の疑いがあると指摘される

アメリカの大手ライププロモーター「Live Nation」と大手チケット販売会社「Ticketmaster」は、2010年にアメリカ司法省からの承認を受けて合併し、「Live Nation Entertainment」が発足しました。当時すでにLive Nationは世界最大のライブプロモーターであり、Ticketmasterも業界内でトップを走るチケット販売会社として知られていました。そのため専門家からは「巨大な2社の合併により独占的な市場になってしまうのでは?」と疑問の声があがっていたのですが、その危機感は現実になってしまっているようです。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL