上場を狙うDropboxの価値とは?

2018年2月26日にクラウドストレージのDropboxが、サービス開始から10年を目前に米国証券取引委員会(SEC)にForm S1(上場申請書)を提出し、IPO(新規株式公開)の準備にとりかかりました。サービス設立当初からDropboxの潜在能力を高く評価してきたStratecheryのベン・トンプソン氏が、ライバルサービスのBoxと比較しつつ、上場目前のDropboxの価値を分析しています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL