ロードバランサーにDDoS防御システムやIPアドレスでのアクセス制御を組み込む「Cloud Armor」がGoogle Cloud Platformで提供開始

Googleはクラウドサービス「Google Cloud Platform(GCP)」の顧客向けに、GmailやYouTubeなど自社のサービスで使用しているDDoSの防衛技術を新サービス「Cloud Armor」として公開しました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL