ロードバイクの造形にこだわりとリアルさが感じられる「イプシロンver.WSC」、その理由とは?

「彼が7年ほど前まで家電メーカーのプロダクトデザイナーを生業としていた」という経歴がワンフェス2018[冬]のワンダーショウケース選出理由になっているだけのことはあり、ロードバイクはなんと3Dソフトによる設計。最終的には「自分でデザインしたロードバイク(ミニベロ)を実際に自分が乗車することができる1/1サイズにて製作してみたい」と原型師であるsuzuさん本人がコメントするだけのことはあります。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL