ロボットやAIによって仕事を奪われないために人間はどう適応すればいいのか?

かつて労働用のロボットといえば、あらかじめプログラムされた作業をこつこつと繰り返すだけの機械でした。しかし、技術の進歩によって、画像認識を使って的確にハンバーガーのパティを焼くロボットが登場し、ドアノブをつかんでドアを開けるロボットも開発されました。ロボットやAIの技術が発達することで、雇用はロボットに取って代わられ、人間は職を失うのではないかと危惧されていますが、「ロボットに仕事を奪われないために人間はどう適応すればよいのか」についての考察記事が、BBCで紹介されています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL