ルーター・NAS経由でトラフィックを傍受したり中間者攻撃を仕掛けるマルウェア「VPNFilter」の被害が拡大中

ルーターやネットワークアタッチトストレージ(NAS)をターゲットとする新しいマルウェア「VPNFilter」の存在が、セキュリティ企業のシマンテックにより報告されています。シマンテックのセキュリティ研究者によると、VPNFilterは感染したデバイス経由でネットワークトラフィックを監視したり、中間者攻撃を仕掛けたり、悪質なコードを挿入したりすることが可能です。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL