ヨーロッパ最後のIPv4アドレスはどのように割当が行われたのか

ヨーロッパや中東、中央アジアを中心にIPアドレスの分配を行うRIPE NCCは、IPアドレスの管理などを行うInternet Assigned Numbers Authority(IANA)から割り当てられたIPv4アドレスが枯渇したと発表しました。RIPE NCCはIPv4アドレスに感謝を述べると共に、どのようにしてIPアドレスが割り当てられていったのかについて振り返っています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL