モアレパターンを活用した船舶の誘導方法とは?

レースのカーテンが重なり合ってできる変わった模様など、規則正しい模様が複数重なり合ってできる縞模様のことをモアレと呼びます。しかし、実際にモアレの模様を見ても幾何学的な図形にしか見えず、技術的に応用できると考える人は少ないはず。モアレは見る角度によって図形が変わる特徴があり、この仕組みを利用することで航行中の船舶を正確な位置に誘導するなど、技術的な応用が可能になるとのことです。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL