フェイクニュースを拡散しまくり業界トップを目指すオンラインゲームを研究者らが開発

「フェイクニュースを拡散させないように」ではなく、「フェイクニュース業界のトップ」になることをゴールにしたオンラインゲーム「Bad News」をケンブリッジ大学の研究者らが公開しました。人々に悪影響を与えるゲームに聞こえますが、プレイヤーは逆説的に「どのような行動が偽情報を拡散させるのか」ということを学べるようになっているとのことで、研究者らは、ゲームを通して人々が「ウソを拡散すること」について免疫をつけ、ゲームがワクチンの役割を果たすことを望んでいます。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL