ビートルからトランスフォームした姿が子犬みたい…。映画『バンブルビー』予告編

すべての冒険には始まりがある。

マイケル・ベイ監督の映画『トランスフォーマー』シリーズで、オプティマス・プライムと人気を二分するキャラクターのバンブルビー。アメリカでは、いよいよ今年のクリスマスに彼が主役となるスピンオフ作品『Bumblebee(原題)が公開されます。

前回の記事では、Volkswagen(フォルクスワーゲン)ビートルからトランスフォームするバンブルビーと、ヒロインのチャーリーが写るツイートのみしか情報がありませんでしたが……やっとトレーラーが解禁!

ロボットにトランスフォームしたバンブルビーがどんな姿なのか、チェックしてみてください。

[embedded content]Video: Paramount Pictures/YouTube

運転者が車を選ぶのではない、車が運転者を選ぶのだ。人と機械の間には、神秘的な結びつきがある

というラジオの音声が響き、物語の始まりを示唆しているようです。

また、チャーリーに底面の顔を発見されてトランスフォームするビー。ボディこそビートルですが、はマイケル・ベイ版と同じですね。

部屋の隅っこにうずくまる姿、超カワイいのですが、この時点で喋れない様子もみられました。チャーリーが出した手に顔をくっつけてくる様子がワンコみたいでたまらないですが、音楽で感情を表現しようとカセットテープを差し込むも、リック・アストリーはお気に召さなかったご様子。

このトレーラーには、ほかのオートボット達が見られませんが、デストロン側のスタースクリームが出ることもわかりましたね。となるとオプティマスとメガトロンも出るのか気になりますね。

トランスフォーマーたちは、道ですれ違った車両を瞬時に形態模写できる能力を持っています。2:03のビーは胸のパーツがジープのようになっているので、どうやら後ろで大破している軍事車両に変化したのではないかと思います。

たしか、映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』によれば、ビートルになる前のバンブルビーは第一次世界大戦でナチスと戦っていたと思うのですが……? その辺は今後のトレーラーなどで判明するでしょう。

公式Twitterでは、主人公チャーリーを演じるヘイリー・スタインフェルドと、トラヴィス・ナイト監督からのコメントが寄せられています。

撮影は最高の時間だったのよ。最初のトレーラーを見てみてね!

子供の頃は『トランスフォーマー』のオモチャで何時間も遊んで、いろんな物語やキャラクターを創作していたんですよ。

バンブルビーが誰なのか? そして何故みんなが大好きなのか? 驚きの冒険がそれを教えてくれるでしょう

ちなみにですが、Hasbro社とパラマウントは、しばらく映画『トランスフォーマー』シリーズの続編は作らずに、ほかの看板商品を映画化すると発表しています。

『Bumblebee(原題)』は2018年12月21日に全米で公開予定。なお、日本での公開は未定です。


Image: YouTube
Source: YouTube, Twitter

Charles Pulliam-Moore - Gizmodo io9[原文

岡本玄介

Source: gizmo

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL