ナノテクで合皮を撥水加工して暑い日でも生地が粘着しない技術を研究者らが開発

はすの葉からインスピレーションを受けて開発したという「ナノテクノロジーを利用して合皮を耐水・耐油加工にする技術」をオハイオ州立大学の研究者らが発表しました。合皮はプラスチックを利用しているため熱に弱く、浸透性がありますが、この技術を利用すれば衣服や家具、車のシートなどさまざまなものを耐水・耐油・耐熱にできます。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL