ナチス・ドイツを恐怖に陥れた伝説の女性スナイパー「リュドミラ・パヴリチェンコ」

リュドミラ・パヴリチェンコ氏は1941年にドイツ軍がソビエト連邦を侵攻したことをきっかけに赤軍への入隊を志願しました。その後、彼女は赤軍のスナイパーとして活動し、確認されているだけでも309名のドイツ兵を射殺。うち36名がドイツ軍のスナイパーだったことが明らかになっており、名実ともに「史上最高の女性スナイパー」として知られていますMeet the world’s deadliest female sniper who terrorized Hitler’s Nazi army | The Independenthttp://www.independent.co.uk/news/world/world-history/lyudmila-pavlichenko-female-sniper-deadliest-hitler-nazi-a8262241.htmlパヴリチェンコは1916年にウクライナの小さな町で生まれました。幼少の頃は「頑固なおてんば娘」と学校でも扱いづらい生徒として評価されていたことが記録されています。14歳の時、パヴリチェンコは一家そろってキエフに移住し、軍需工場で金属を粉砕する仕事を行っていたようです。その後、ソビエト連邦の多くの若者たちと同じように、彼女は国防力強化のために軍事教育や訓練を行うオソアヴィアヒムに参加することになります。訓練中に近くにいた少年が射撃技術を自慢していたとき、パヴリチェンコは「もっと練習して、女の子でも同じことができることを証明するわ」と言っていたようで、かなり負けん気の強い性格であることが記録に残っています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL