ドメイン所有者の連絡先などが含まれる「WHOIS」データがGDPR発効の影響で一時的に非公開になる可能性

2018年5月25日から施行されるEUの個人情報保護規則・GDPR(EU一般データ保護規則)により、「WHOIS」によって得られるような、ドメイン所有者の名前や連絡先の情報の公開は禁止となります。ドメインの情報の維持管理を担うICANNでは、GDPRに準拠しつつ従来の使命を果たせるような暫定モデルを検討していますが、GDPR発効から半年程度はWHOISのデータが使えなくなる可能性が高いことが指摘されています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL