トップスケーターの襲撃事件を映画化した「アイ、トーニャ」中のスケーティング映像を実物と比較したムービーが公開中

女子選手として史上2人目、アメリカ初のトリプルアクセル成功者として知られたトーニャ・ハーディングは、1994年にトップスケーターのナンシー・ケリガンが襲撃された「ナンシー・ケリガン襲撃事件」に関与していたとして、疑惑の渦中に置かれました。2018年5月4日(金)公開の映画「アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル」で、主演のマーゴット・ロビーはハーディングの滑りを「再現」するために相当ハードな練習をこなしたということで、そのシンクロっぷりがわかる映像が公開されています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL