チャットのオープンソースプロトコル「XMPP」はなぜ普及しないのか?

チャットツール「Slack」は、チャンネルやメンションといった仕組みで通知の範囲を比較的細かく制御できることや、豊富なBotやAPIなどによる拡張性の高さから年々利用者を増やしています。しかしSlackは2018年5月15日以降IRCやXMPPとのゲートウェイを閉鎖すると発表しており、その相互接続性が低下することが心配されています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL