スマホやノートPCを入国時に検査するのは違憲だと電子フロンティア財団が立ち上がる

アメリカ政府は旅行者がアメリカに入国する際に、旅行者のスマートフォンやノートPCといった電子機器を何の説明もなく、令状もなく検査し没収することをアメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)職員に対して認めており、これは「自由を侵害するものだ」として批判を浴びています。国境におけるデバイス検査は訴訟沙汰にもなっているのですが、電子フロンティア財団(EFF)もデバイスの検査を廃止すべく行動を起こしています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL