スティーブン・スピルバーグ監督の作品で光が効果的に用いられてるシーンをまとめたムービー

映画における照明は、映したいものを明るく照らすだけではなく、光と影を演出して雰囲気を作り出したり、場面の印象を決定づけたりといった役割も担います。「E.T.」「ジョーズ」「ジュラシックパーク」シリーズなどで知られるスティーブン・スピルバーグ監督の作品で、ライティングが象徴的な場面がピックアップされ、以下のムービーにまとめられています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL