シャーロック・ホームズが住んだ「ベーカー街221B」の謎、真の所有者は不正なお金を家につぎ込んでいる

私立諮問探偵シャーロック・ホームズが住んでいた下宿先の住所「ベーカー街221B」は、ホームズが活躍していた時代の現実世界には存在しないため、ファンの間で「ベーカー街221Bはどこか?」ということが長年の謎として存在しました。2018年現在はシャーロック・ホームズ博物館が「博物館の場所こそが221Bだ」と主張していますが、実際の221Bという住所の家は別の「何者か」が所有しています。実はベーカー街の不動産の多くはオフショア企業を経由することで持ち主が匿名となっていて、カザフスタン大統領の血縁関係者を含めた裕福層が不正なお金の隠し場所として利用しているのではないかとまことしやかにささやかれています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL