サイレンは第三者によって簡単にジャックされる脆弱性があるとセキュリティ研究者が指摘

サイレンは、地震や洪水などの自然災害はもちろん、テロなどの緊急事態の発生と避難経路の指示を行うために世界中で広く使用されています。しかし、誤報などが発生すると、パニックを引き起こしたり、被害の拡大につながったりする可能性があります。セキュリティ研究者によると、一部のサイレンには、ハッカーが遠隔から簡単に操作できてしまう脆弱性が存在しているとのことです。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL