ゴッホの代表作「ひまわり」の黄色が光のもとだと退色していくことが判明

画家フィンセント・ファン・ゴッホの作品として広く知られている「ひまわり」は、同じ「花瓶に挿したひまわり」をモチーフとして1888年から1889年にかけて7枚が制作されました。このうち、ファン・ゴッホ美術館に展示されている作品について最新技術での調査を行ったところ、黄色には顔料として2種類の黄鉛が使われており、そのうち1つが光を受けると退色する傾向があることがわかりました。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL