コンピューターではなく紙でプログラミングする利点とは?

プログラムを作る時、作ったプログラムの動作チェックを素早く行うために、作業はコンピューター上でするものです。しかし、コンピューター科学者のアーロン・スー氏は紙でプログラミングを行う「ペーパープログラミング」を実践しているとのこと。プログラミングを行う上では、効率が悪いと考えられる、紙の上でのプログラミングをなぜ行っているのか、スー氏がブログ上で語っています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL