ゲーム機に貼られている「剥がすと保証は無効」シールについて任天堂やソニーが保証を見直し

家庭用ゲーム機やコンピューターなどに貼られている「剥がすと無効」のシールは、ステッカーを剥がすと製品保証が受けられなくなるというものです。メーカー以外の第三者による分解・解析を防ぐためとして当たり前のように貼られていますが、実は違法なものであるとして、長らく問題視されてきました。そんな違法であると知りながらも長年にわたって「剥がすと無効」シールを使い続けてきたメーカー側に対して、2018年4月に不公正な取引を監督・監視する機関であるアメリカの連邦取引委員会(FTC)が警告書を送付したことが明らかになっていたのですが、この警告により任天堂やソニー、ヒュンダイといったメーカー側が保証内容を更新したことが判明しています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL