ゲノム編集技術「CRISPR」を使い簡単な検査でHPV・デング熱・ジカ熱の検出が容易となった安価なデバイスが開発される

遺伝子編集技術「CRISPR」を使った簡単な検査で、「HPV」「デング熱」「ジカ熱」の有無を迅速に診断できる安価なデバイスが開発されているとのことです。これが実現すれば、発展途上国で「HPV」「デング熱」「ジカ熱」などのウイルスを迅速に検知し対応する方法に革命をもたらす可能性があるとされています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL