キラウエア火山から流れ出る溶岩を4K撮影したムービーが圧倒的、周囲を生き物のように飲み込んでいく様子が公開中

2018年5月3日から始まったハワイ島キラウエア火山の噴火は、溶岩によって森が飲み込まれたり、巨大な湖が流れ込んだ溶岩の影響で蒸発したりするといった大きな被害をもたらしており、研究者にもいつ溶岩の流出が止まるのか予測できない事態になっています。映画製作者のタイラー・ハレットさんは、そんなキラウエア火山の溶岩を2017年にタイムラプス撮影したショートムービーを製作していました。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL