エンジンやタービンなどの複雑な曲面にも対応可能な超音波検査用のパッチが登場

カリフォルニア大学サンディエゴ校のナノ工学のシェン・シュウ教授ら研究チームは、構造物などの強度を調べる超音波検査に使用可能な伸縮性のあるパッチを開発しました。このパッチの登場により、これまで困難とされていた、エンジン部品やタービンなど複雑な形状の物に対して超音波検査が可能になるとのことです。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL