ウォール・ストリート・ジャーナルの電子版は有料コンテンツを購読しそうな読者を機械学習で見極めている

世界を代表する経済紙の1つである「ウォール・ストリート・ジャーナル」(WSJ)は、有料電子版に積極的に取り組んだことでも知られていて、購読者数は100万人を超えています。その「購読者数を増やす」取り組みにおいて、WSJが機械学習を利用して、個々のユーザーの判断を予想し対応を変えているということを、NiemanLabが報じています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL