アルツハイマー病に影響するアミロイドβの有益性を突き止めた二人の研究者の奇遇

アルツハイマー病に関係しているアルツハイマー病に関係している「アミロイドβ(アミロイドベータペプチド)」という物質は、これまで、有害以外の何ものでもないと考えられていました。しかし、アメリカの二人の研究者の「奇妙な偶然」から、アミロイドβが脳機能を保護するための重要な役割を担っている可能性が明らかになってきています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL