まるで映画のワンシーン。湖に墜落寸前の大事なドローンを全力で救う人間

救出される側がとらえた、一大救出劇。

ドローンに数百ドルを費やしたことがある人たちにとっちゃ他人事とは思えない、ヒヤっとするような事件がおきました。ドローンを飛ばして湖の美しい映像を撮っていたところ、突然バッテリーが切れる事態に。ドローンが着陸をしようとあらかじめプログラミングされていたあろうゆるやかな降下を始めたものの、そこは水の上だったんです。

ドローンの持ち主であるDave Svorkingさんは、まさにそんな状況にいましたが、彼は高価なオモチャを失うまいと覚悟を決め、行動に出ました。

[embedded content]

まるで溺死寸前の我が子を救おうとする親のように水際に駆け寄り、カバンや他の電子機器を外してまっすぐ湖に飛び込んでいったSvorkingさん。最後10フィートほどでの必死な泳ぎと見事な片手キャッチのおかげで、ドローンはまさに間一髪のところで湖に沈まずに済んだのでした。

空撮をしてたドローンも、よもや自分が湖に落ちそうになり助けられる一部始終を撮ることになるとは思っていなかったでしょう。


Image: YouTube
Source: YouTube via PetaPixel

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(たもり)

Source: gizmo

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL