なぜ見晴らしのよい交差点なのに交通事故が多発してしまうのか?

政府発行の道路の交通に関する統計によると、自転車乗用中の事故による死亡者の数は2017年11月が436人で、前年比で2.7%減少しています。自転車乗用中の死亡事故件数は年々減少しているものの、毎年一定数の事故が発生しており、特に見渡しの悪い複雑な交差点やスピードの出やすい大きなカーブなどでは、頻繁に事故が発生する場所であることを知らせる看板などが立てられていたりもします。このような交差点は日本だけでなく世界中に存在するもので、イギリスにある「とある交通事故が多発する交差点」について、singletrackworld.comが考察を投稿しており多くのサイクリストの目に留まっています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL