なぜアメリカ大統領専用機「エアフォースワン」の冷蔵庫の改修に26億円もの費用がかかるのか?

アメリカ合衆国大統領が移動の際に搭乗する専用機「VC-25」、通称「エアフォースワン」は、大統領の仕事を支えるための特別な装備や保全性、作戦遂行能力を備えるための改造を施すために多額のコストが投じられています。老朽化が進んだ現行機の代替となる新型エアフォースワンの製造コストは2機で4500億円とも言われるほどなのですが、そんなエアフォースワンをめぐって、新しい冷蔵庫の交換のための費用が2400万ドル(約26億円)にものぼるという試算が話題となっています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL