どうやってクモは体長の6倍もの距離を助走なしで正確にジャンプできるのかという研究

ハエトリグモの一種であるPhidippus regiusは、得意なジャンプを生かして獲物を捕らえることで知られています。イギリス・マンチェスター大学の研究チームが「ハエトリグモはどうやってジャンプを行っているのか」について、Scientific Reportsで発表しています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL