ついにセキュリティ対策ソフトで検出できない攻撃「Process Doppelgänging」を利用したマルウェアの存在が確認される

セキュリティ対策ソフトによる検出が極めて困難なハッキング手法の「Process Doppelgänging(プロセス ドッペルギャンギング)」が、2017年12月にBlack Hat Europe 2017で発表されていましたが、ついにProcess Doppelgängingを活用した初めてのマルウェア「SynAck」の存在が確認されました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL