すし屋が作るイタリアンな新メニュー、3種類のチーズが香るラーメン「カルボナーラ スパらッティ」やくら寿司が初めて作った洋食ジャンルのメニュー3品を食べてきた

すしチェーンとしてシャリのない寿司やココアパウダーでコーティングされたすしなど、既存のすしにとどまらないメニューを送り出してきた「くら寿司」から、初めての取り組みとなる洋食メニュー3品が登場しました。くら寿司は各洋食メニューを「本格過ぎる、新感覚イタリアン。」と豪語しており、イタリアンなメニューは、3種類のチーズと北海道産生クリームが含まれたカルボナーラソースのラーメン「カルボナーラ スパらッティ」と、5種類のチーズを牛肉と豚肉の合挽肉で包んだ「イタリアンチーズハンバーグ」、そしてチョコアイスとマスカルポーネホイップを使ったデザート「チョコとマスカルポーネのパフェとなっており、2018年3月16日から登場しています。すし屋が作るイタリアンが気になったので確かめてきました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL