きみたちは…一体何者?

ジブリな森の精霊? それともエイリアンの卵?

オランダのアムステルダムから約1時間。デン・ボスの住宅地に、異彩を放ちまくる一角が存在します。それが、オランダ生まれのアーティストで建築家のDries Kreijkampが建てた球体住居「Bolwoningen」

ここは1984年にできた村なのですが、2018年の今でも注目されています。

[embedded content]Video: Great Big Story/YouTube

住人が自然を近く感じられるよう、オランダ政府の実験的居住計画で考えられたこの家々。運河に沿うよう、全部で50戸が建てられています。コンクリートとファイバーグラス製で、中は3階建て。1階は寝室で2階はお風呂とトイレ、そして丸い回転窓からの見晴らしがステキな3階が居間と台所となっており、内部の螺旋階段が各階をつないでいます。

当時は無名だったDries Kreijkamp。彼は1964年にロイヤル・ダッチ・グラスワークスというガラス製品を作る会社に勤めており、そこで作られるクリスタル・ボールを見て「この世で球体こそがもっとも有機的な形状だ」と感じるようになりました。そこで彼はこう言ったのです。

我々は球体の上に住んでいる。そして球体から産まれた。だったらナゼ球体に住まないのか?

ちょっとスピリチュアルなのか哲学的なのか。それでも彼の頭はお花畑ではなく、これら「Bolwoningen」を別の所でパーツごとにわけて制作し、50戸すべてを1日で現場に搬入できるよう巧みに設計していたり、低燃料かつメンテが楽にできるよう実用的に考え抜いているのです。ついでに一戸の重さはたった1,250kg。それなら輸送車の燃費やコストも抑えられますよね。

彼は2014年にこの世を去ってしまいましたが、「Bolwoningen」はまだまだ可能性を秘めており、やりたいことがいくつもあったようです。たとえば球体をつないだり合体させたり、特注の装飾を作ったり、移動可能だったり水上や空宙に浮かせたりと、まったく新しい形態の居住システムを提唱し、新時代の住処を生み出そうとしていました。建築史上的にはシュールな部類ですが、独創的なのにミニマルでシンプルなあたりが今日のデザインにも通じるように思います。

制作や組み立ての様子など、記録映像もあります。

[embedded content]Video: Jolanda Verhoef/YouTube

同じくオランダでは2019年より、コンクリートを3Dプリントして建てる、妙に石器時代っぽい住宅を計画しています。こちらも自然と共存するようなコンセプトですし、「Bolwoningen」から受け継がれたものがいろいろありそうです。

このスピリットは、まだまだ後世に大きな影響を与え続けていきそうですね。


Image: YouTube
Source: YouTube (1, 2), arch daily

岡本玄介

Source: gizmo

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL