お皿自体をもりもり食べられてわずか30日で堆肥化できる使い捨て食器「BIOTREM」

イベントなどで食事の提供が紙やプラスチックの使い捨て容器で提供されることがありますが、「これらの素材は堆肥化に時間がかかる」ということで、小麦の表皮である小麦ブランを使った食べられる食器「BIOTREM」が作られています。ヨーロッパ基金や欧州地域開発ファンドから資金を得ることに成功しており、環境に優しい使い捨て食器として注目されています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL