あのマリオカート64でショートカットを追究し続けるゲーマーたちにより成功率2.5%・1周タイム約3秒という驚異のテクニックが誕生

「マリオカート64」は、1996年に任天堂がNINTENDO64向けに発売したマリオカートシリーズ2作目で、多くのゲーマーがどれだけ早くコースをクリアできるかを競うタイムアタックに挑戦してきたゲームでもあります。マリオカート64といえばワリオスタジアムやピーチサーキットなど、さまざまなコースでタイムを縮めることができるショートカット(近道)が見つけられていますが、コースのひとつである「チョコマウンテン」ではタイムを大幅に短縮できる裏技的なテクニックが2014年に見つかっており、2018年6月1日にはラップタイム(コースを1周するのにかかる時間)3秒という驚異的な記録がたたき出されました。このチョコマウンテンをゲーマーがどのように攻略してきたのかを、ゲームのスピードラン攻略ムービーをアップしているSummoning Saltさんが、以下のムービーにまとめています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL