「Firefox 59」でプライバシー保護機能を強化する「リファラの削減機能」の内容をMozillaが発表

2018年3月13日にリリース予定のWebブラウザFirefox 59では、プライベートブラウジングモード中にリファラのURL(Referrer value)を一部削減する機能が実装される予定であることが2018年1月31日にMozillaセキュリティブログで発表されました。この機能により、Firefoxを使用しているユーザーがプライベートブラウジングモードのオン/オフを切り替えることで、ブラウジング中に知らせる情報先を自分で選択できる幅が広がり、ユーザーのプライバシー情報保護の強化が期待できます。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL