「飛行機がハッキングされて操られるのは時間の問題」とアメリカの航空当局がセキュリティリスクの高さを指摘

テロリズムの防止や国境管理、サイバーセキュリティ対策などを担うアメリカ合衆国国土安全保障省(DHS)などの文書から、民間航空機はサイバー攻撃に対して非常に脆弱であり、ハッキング攻撃を受けて「壊滅的な大災害」が起こるのはもはや時間の問題であるとDHSが捉えていることが明らかになっています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL