「運河のテスラ」と呼ばれる世界初の電動コンテナ船が2018年に就航

オランダの運送会社Port-Linerや電力会社Werkinaなどが共同開発した「電気を動力にした貨物船」が、2018年夏に就航することが明らかになりました。「運河のテスラ」の異名をとる電気貨物船の導入によって、Port-Linerはヨーロッパにおける二酸化炭素排出量を大幅に低減させることが可能だとアピールしています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL