「映画の興行収入だけで映画そのものを評価することは危険である」という主張

映画を語る際に「その映画がどれほどの興行収入を記録したのか」という点は、よく話題になります。興行収入はその映画を映画館で見た人がどれだけいるのかを示す指標になりますが、「興行収入は『その映画がどれほど優れているのか』を表すものではない」という主張を解説したムービーが、YouTubeで公開されています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL