「孤独」が不快でつらいのは体に危険だと警告しているから

近年、「孤独」であることは喫煙や肥満よりも健康に悪影響を及ぼすことがわかってきています。新しい研究では、孤独を感じる人ほど病気からの回復が遅れることが明らかになりました。そして、孤独を感じることが不快でつらいのは、体に対して危険な状態であることの警告シグナルを発しているからだという説が出されています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL