「夜遅くにとる食事」は本当に肥満につながるのか?

「夜遅くに食事をとる」ことは肥満の原因の1つとされており、なるべく早い時間に食べる方が減量につながると言われています。アバディーン大学のロウェットリサーチ研究所で栄養学の研究をしているアレックス・ジョンストン氏と同大学で教授を務めるピーター・モーガン氏が、食事のタイミングが本当に肥満に影響するのかどうか、見解を述べています。

続きを読む...

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL