「ブレードランナー 2049」に出てきた廃棄物処理場や女性型ホログラムがどのように合成されたかわかるVFX分解ムービー

往年のSF映画「ブレードランナー」の正統続編として2017年に公開された「ブレードランナー 2049」は、前作でハリソン・フォードが演じた主人公デッカードが年を取った姿で登場し全体的な雰囲気も引き継いだ上に、ロサンゼルスの町並みをミニチュアで作るなど徹底的にこだわって制作されました。そんな作品のVFXはどのように作られたのかを、手がけたFramestoreがYouTubeで明らかにしています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL