「チェスのプレイヤーは短命」という都市伝説は本当なのかを研究者が調査してわかったこととは?

ノルウェーで行われたチェスの大会「チェス・オリンピアード」で2014年にセーシェルおよびウズベキスタン代表が死亡しました。チェスのプレイヤーがゲーム中あるいはゲーム前後に死亡するニュースが多く報じられること、またチェスのプレイヤーは座りっぱなしであることなどから、「プロレベルのチェスプレイヤーは早死にする」という都市伝説が流れています。研究者らが、この都市伝説が本当なのかどうかについて調査しました。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL