「キューバのアメリカ大使館への謎の音響攻撃」の原因は「超音波の干渉」にあるとする説が登場

キューバにあるアメリカ大使館の職員が謎の高周波によって健康被害を訴えた事件は、一部で新たな音波兵器の可能性があると報じられました。しかし、アメリカ・中国の研究者の研究によって、超音波同士の干渉によって生じた予期せぬアクシデントだった可能性が指摘されています。

続きを読む…

Source: gigazine

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL